皆様、本年もよろしくお願いいたします。

TOC」ってご存知ですか?

監査の世界ではTOC=Test of Control。統制テストの事。

五反田に行けばTOC=東京卸売センターの事。

でも今回のTOCTheory of Constraint、つまり「制約理論」を指しています。

制約理論は有名な「ザ・ゴール」の著者、エリヤフ・ゴールドラット氏(以下G氏)による理論です。

「この世で一番シンプルな理論」です(私見)。

制約理論、おさらい兼ねて簡単にご説明します。

まず、手で輪ゴムの輪っかを作ってください(チェーンでもOKです)。

この輪っかゴムの強度、何で決まりますか?

そうです。輪っかゴムの一番弱い部分で全体の強度が決まります。

なぜなら、輪っかゴムを引っ張ると、必ずそこで切れるから。

だとすれば、まずはこの一番弱い部分の強化だけに注力しましょう、というのが制約理論。

全体のパフォーマンスを高めるには、一番弱い部分だけに集中する。

それ以外の強化は無駄な努力(極論です)。

どうでしょう?

「コーチング」には無関係に見えますか?

この点、私の考えはこうです。

「コーチング=制約理論の実践手法」。

なぜなら、それはクライアントの輪っかゴムの一番弱い部分を、クライアントに寄り添い共に探しだすツールだから。

なぜ私がそう考えるのか?

今は亡きG氏が残した分析結果がヒントになりました。

G氏は、企業の制約の多くは方針制約(例えば意図せず競争を促す評価制度や、多く売るほど良いとの思い込み)である、と分析しています。

物理的制約(例:人手・資金不足)ではなく。

多くは方針制約なので、コスト不要の改善が実は山ほどある。G氏はそう言っています。

そして、これは多分、個人レベルでも同じ。

私はそう考えています。

個人の成果を制約するのは、知識や財産の多寡など物理的なものではない。

企業同様、多くの場合、個人が持つ方針が制約になっている。

それは、例えば「変われない」「唯一絶対の解えがある」との思い込み、経験による「感情的な壁」など。

そのような個人の方針制約を共に探すツール。

それがコーチング。

どうでしょうか?

どうお感じになりますか?

屁理屈では?

コーチングでそんなに単純にできる?

そんな疑問も出るかもしれません。

さて、G氏はこんな言葉・信念を残しています。

  • 人はもともと善良である。
  • ものごとはシンプルである。

誤解を恐れず言います。人は案外筋の通った存在。

複雑に考える必要は無いのかもしれません。

G氏のこの言葉を基に、私はこう解釈しています。

善良である人は、それぞれなりたい・ありたい姿を必ず持っている(私は必ず、と思っています)。

そして、コーチングでは、なりたい・ありたい姿への到達を妨げる制約=輪っかゴムの一番弱い箇所が、対話を通じて見出されていきます。

制約が見いだされたら、コーチはそれを克服するよう、クライアントの背中を押します。

背中を押されたクライアントは、例えば「忙しくて考える暇がない」なら「まずは1日、考える時間を取る」など、自身の制約に集中する素地が生まれます。

それ故に、コーチングは制約理論の実践手法と言える。

私はそう考えています。

「我に支点を与えたまえ、されば地球をも動かさん」
(アルキメデス:テコの原理)


輪っかゴムの一番弱い部分、一緒に探しませんか?

コーチはコーチングという強力なツールを用い、あなたの制約を共に探り、あなたが、あなたのなりたい・ありたい姿により早く到達することを支援します。



 ※士業を中心としたプロコーチが集い、以下のブログを展開しています。

 「コーチング・ガレージ」 https://ameblo.jp/coachinggarage2018/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。