「全ての事業はブランディングされる必要がある」。企業・企業に関わるの皆様を、ブランディングを通じた持続価値創造を通じ、サポートしていきます。

LSPの導入効果

例えば、

①真の多様性(ダイバーシティー)を実現したいと望むのであれば

多様な人が「そこに居る」だけでは、当然、多様性は発揮されません。

「斬新な会話の技術」であるLSPを活用すれば、多様な人の、多様な意見に、自然と耳を傾ける場が生み出されます。

②周りのみんなが、本来の力を発揮できていないのでは?と信じられるのであれば

本来の力を発揮できていない理由はどこにあるのでしょうか?

もしかすると、怖くて発揮できない(発言できない)、「自分なんて」と卑下している、「どうせ聞いてもらえないし」と諦めている、だけかもしれません。

LSPを活用すれば、普段怖くて発言できないと思っている人も、残念ながら自分を卑下してしまっている人も、諦めてしまっている人も、全員が自由に、考えていること、思っていること、感じていることを表現する場が生まれます。

③どうしてよいのかはわからないけれど、今のままでは本当にマズい、と感じているのであれば

今のままではマズい、と感じているのでしたら、あなたはきっと変わることができるはずです。
でも、組織には他のメンバーもいます。

自分は変わるけれど、他人を変えることはできるのか?

もし、自分と同じように他の人も「自ら変わる」ことができると信じるなら、LSPはそのきっかけをもたらすことができるメソッドです。

多分、他人から何かを言われても、人は変わりません。
納得して受け入れて、やはりそれが必要だと感じて、はじめて「自ら変わる」。

LSPは、自己を理解し、他者を理解し、その理解を受け入れる場を提供します。

④立ち向かうべき大きなチャレンジがそこにあって、全員が力を合わせなければとても乗り越えられないと思うのであれば

全員が力を合わせるには、なによりもまず、全員が納得した、全員に共有された目標が必要かもしれません。

LSPでは、全員が全員の考え・想いを知った上で、全員が平等に80%の納得感(100%ではありません。多様な考えを持つメンバーが参加する以上、LSPでは全員が100%納得する意見はあり得ないと考えます)を持つ目標を共有します。

「平等に80%」の方が、「数人に100%」よりも納得感は高く、力を合わせる上で強力なエンジンにきっとなるはずです。

⑤もし、自分が「頭」で、他の人たちは「手足」だと感じているのであれば

残念ですが、レゴ®シリアスプレイ®の出番はないかもしれません。

PAGETOP
Copyright © 株式会社未来カ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.